筋トレノウハウ

【安かろう悪かろう?】パワーブロック(類似品)を徹底レビュー!

パワーブロック(類似品)のレビュー

この記事のまとめ

2年使用した筆者がパワーブロック(類似品)を徹底レビュー!

使ってみて感じたデメリットは?他の可変式ダンベルと比べてどうなのか?

正規品が10万円を超えて手を出せないという方に向けて、類似品が「安かろう悪かろうなのか?」を徹底解説します!

この記事を書いた人

こうたーぼ
パワーブロックを週に2~3回使用しているヘビーユーザーです。今の筋肉はパワーブロックのおかげといっても、過言ではありません。

パワーブロックで鍛えた体

 

本記事では、パワーブロック(類似品)を徹底レビューしていきます。

 

他の可変式ダンベル(ダイヤル式やスクリュー式)との比較もしてみました。

 

今回レビューするパワーブロックは類似品と言えども、お値段はわりと高いです。メリットデメリットも書いてますので、ぜひ吟味してみてください。

 

おすすめダンベルトレーニングは、【体が激変!】これだけで効果倍増のダンベル筋トレメニューと器具を公開!で解説してますので参考にしてください!
こうたーぼ

 

 

【レビュー】10万円以上の正規品とは別物ですが、買う価値あり

僕が持っているパワーブロック(類似品)の写真

 

結論、上記のとおりです。

 

2年間、かなりの頻度で使っていまして、品質も含めてとても満足しています。

 

具体的な理由はこれから説明していきますね。

 

 

パワーブロック(類似品)の2つのデメリットをレビュー

 

可変式のダンベルは総じて高いので、失敗は避けたいですよね。

 

  1. 重量がポンド形式で読みづらい
  2. トレーニング時に金属音が鳴る
  3. 類似品というレッテルがある

 

それでは見ていきましょう。

 

重量がポンド表記で読みづらい

 

パワーブロック(類似品)のレビュー①:重量がポンド形式

ポンド形式

 

重量がポンド形式で書かれているので、手書きなどでkgの重量を補足する必要があります。

 

最初からkg表記じゃないのはめんどくさいですね。

 

人によってはポンド表記がかっこいいと思われるかもしれませんが、パッと読みづらいのはたしかです。

 

 

トレーニング時に金属音が鳴る

パワーブロック(類似品)のレビュー①:金属音が鳴る

隙間があるので、音が鳴ります。

 

最初のオンザニーの状態(膝の上にダンベルを置いた状態)から持ち上げる時などに、この隙間の金属同士が当たることで「カタカタ」と音が鳴ります。

 

子どもが寝ている間にトレーニングしたいパパさんは、気になるかもしれません。

 

 

類似品というレッテル

 

本家のパワーブロックは、値段が10万円以上します。昔からあるもので、いわば正規品ですね。

 

「正規品があるのに、類似品買うのもなぁ」とモヤモヤする方は、正規品を買っちゃいましょう。

 

 

パワーブロック(類似品)の3つのメリットをレビュー

 

使ってて感じた魅力やメリットをそのまま書いていきます。

 

  1. 27段階の細かい重量設定でトレーニングの幅が広がる
  2. 重量変更が超カンタンでストレスフリー
  3. オンザニーしやすく、高重量を扱える

 

それぞれ説明していきますね。

 

 

27段階の細かい重量設定でトレーニングの幅が広がる

 

パワーブロック(類似品)のレビュー③:ピンの差込口が計7カ所ある

※計7ヵ所ピンを差し込む場所があり、重量を変更できます。

 

パワーブロック(類似品)のレビュー③:ダンベル内部に鉄の棒が入る設計

※ダンベル本体の中に約1kgの鉄の棒が2本入っています。

 

鉄の棒で重量調整もできるので、ピンの差し込みと組み合わせて細かく重量を設定できます。

 

特に肩トレは、比較的軽い重量でネチネチ追い込むことが多いので、1kgの差でもうまくトレーニングできないこともでてきますよね。

 

低重量のネチネチ系トレーニングにも対応できるのが、パワーブロックなんですよ。

 

こうたーぼ
ジムみたいにダンベルが占領されることもなく、好き勝手重量を買えながらネチネチトレーニングできる喜びは、家でしか味わえないですよ!

 

 

重量変更が超カンタンでストレスフリー

 

パワーブロック(類似品)のレビュー④:ピンの差し込みは写真の通りカンタン

 

重量を変えるやり方は後述しますが、上の画像のピンを差し込むだけでかんたんに重量を変えることができます。

 

すぐに重量を変えることができるので、ドロップセットなど、インターバルなしの高度なセットも組めます。

 

パワーブロックは、トレーニングメニューのバリュエーションを広げてくれます!
こうたーぼ

 

 

オンザニーしやすく高重量を扱える

 

パワーブロック(類似品)のレビュー⑤:オンザニーがとてもしやすい

 

ンベルの側面が平らで面積が広いため、オンザニー(ダンベルを一時的に膝に置くこと)がしやすいです。

 

可変式ダンベルの中には、ダンベルの側面が丸っこいものだったり、面積が狭いものもあって、膝に置くととても痛い物もあります。

 

その点、パワーブロックはダンベルプレスやショルダープレスなど、比較的重い重量でもストレスなく膝に置けてトレーニングできます。

 

こうたーぼ
家トレで高重量を扱えるパワーブロックがあれば、もはやジムに行く必要がなくなりますよ!

 

 

 

パワーブロックとスクリュー式・ダイヤル式ダンベルを比較

 

重量を変えるために行う動作は3つに分けることができます。この3つの種類に分けて、ダンベルを比較していきます。

 

3つの可変種類

可変式種類 ピン差し込み式 ダイヤル式 スクリュー式
説明 ダイヤルにピンを
差し込んで重量変更
ダイヤル部分を
回して重量変更
シャフトに重りを
付け替えて重量変更

 

 比較表

  パワーブロック
(類似品)
アジャスタブルダンベル
(ONE STEP)
スクリュー式ダンベル
(IROTEC)
値段 36,800円 35,400円 18,260円
重量 片手41kg 片手38kg 片手30kg
重量段階 27段階 17段階 9段階
可変種類 ピン差し込み ダイヤル式 スクリュー式

 

一番安いのは、スクリュー式ダンベルです。シャフトの重りを付け替える必要があるため、重量変更がマジでめんどくさいのが特徴です。

 

とにかく安さだけを追求する人

IROTEC製のスクリュー式ダンベル

 

重量段階のバリュエーションが豊富で、重さもそれなりに扱えるのはパワーブロック(類似品)になります。

 

利便性と幅広いトレーニングを追求する人

パワーブロック(類似品)

 

こんな感じにまとまりました。

 

「とにかく安く可変式ダンベルを揃えてトレーニングしたい!」という方は、IROTEC製のスクリュー式ダンベルにしてみても良いかもしれませんね。

 

 

パワーブロックの重量変更手順と使い方

 

重量変更の手順を以下にまとめました。

 

カンタンに重量を変更できちゃいますよ。

 

重量変更のやり方

 

パワーブロック(類似品)のレビュー⑥:ピンの写真

このピンを使って重量を変更します。

 

パワーブロック(類似品)のレビュー⑦:重量変更の仕方

設定したい重量にピンを差し込みます。下になっていくほど、重さが追加されます。

 

パワーブロック(類似品)のレビュー⑨:ピンを下に差し込めば重量が重くなる

差し込むと、こんな感じです。

 

パワーブロック(類似品)のレビュー⑩:差し込むとダンベルとして持ち上げられる

すると、ダンベルに重りがついてきて、こんな感じで取り外しができます。

これで好きな重量に変更してトレーニングできます。

 

 

ダンベル内部の鉄の棒を取り外す方法

 

パワーブロック(類似品)の内部にある鉄の棒の取り外し方

この鉄の棒1kg×2個を取り外します。

※取り外しすることで、細かな重量変更ができます。

 

パワーブロック(類似品)の内部にある鉄の棒の取り外し方

ダンベル本体の丸囲みした部分のレバーを中央に合わせます。

 

パワーブロック(類似品)の内部にある鉄の棒の取り外し方

すると、このストッパーが

 

Imaパワーブロック(類似品)のストッパーを外す

このようにダンベル内部に収まることで、取り外しができるようになります。

 

パワーブロック(類似品)の鉄の棒を取り外した写真

こんな感じでダンベルを傾けて外に出すイメージですね。

上記のようにかんたんに重量の変更&鉄の棒の取り外しができちゃいます。

 

 

まとめ:パワーブロック(類似品)を徹底レビュー!

Image-of-purchased-power-block-and-Incline-bench

僕はパワーブロックのほかにインクラインベンチも家に揃えてます。

 

パワーブロックを揃えると、トレーニングできる幅がとても広がります。メニューを変えてみたり、いつもより重量を変更してみたりと、とても楽しく汗をかくことができますよ。

 

パワーブロック(類似品)とiPhoneの大きさを比較

iPhoneと大きさを比較してます。

筋トレしない時間はスペースをあまり使わないため、家の間取りを変更したりする必要もありません。

 

リーディングエッジのインクラインベンチのレビュー記事はこちら。

>>【抜群の安定感】リーディングエッジインクラインベンチをレビュー!比較つき!

 

パワーブロックは家トレに最適なダンベルですよ!ぜひ使ってみてください!

 

今回は以上となります。

-筋トレノウハウ