筋トレノウハウ

【イチオシはどれ?】懸垂マシン(ぶら下がり健康器)のおすすめメーカー5社をランキング形式で徹底比較!

この記事のまとめ

懸垂マシン(ぶら下がり健康器)のおすすめメーカー5社を徹底比較!

懸垂をこよなく愛し、3年間鍛えてきた筆者が、懸垂マシン(ぶら下がり健康器)のランキングを作成。

コスパや安定性、高さ調節、スペースの取り具合まで細かく比較し、どのメーカーを選ぶべきかを追求し、解説しています!

 

この記事を書いている僕は、懸垂だけでの背中トレーニングで、逆三角形の体になれました。

 

今は、在宅ワークが増えたことで、ぶら下がってストレッチし、肩こり予防としても愛用しています。

実際に家で使ってるぶら下がり健康器(WASAI)です。

 

そんな僕が、各商品メーカー5社をランキング化してみました。

商品メーカー 総合評価  コスパ 安定性 高さ調節 省スペース
BARWING (5.0) (3.0) (5.0) (5.0) (4.0)
motions (4.5) (5.0) (4.0) (4.0) (3.5)
リーディングエッジ (4.0) (4.0) (3.5) (3.0) (5.0)
WASAI (3.5) (3.0) (4.0) (5.0) (3.0)
アルインコ (3.0) (3.5) (3.0) (3.5) (3.0)

 

迷ったらこれ!

買って損したくない人は…

BARWINGがおすすめ!

本格的に筋トレしたい方向け!安定感バツグンで、マシン自体の大きさも他社に比べて小さい!

安さ重視だけど品質を下げたくない人は…

motions がおすすめ!

もっとも値段が安く、公式サイトで買うと送料無料!3ヶ月間で不具合や故障があったら交換してもらえる!

 

懸垂マシン(ぶら下がり健康器)おすすめランキング

 

懸垂マシン(ぶら下がり健康器)のおすすめランキングは、以下のようになりました。

 

1位:BARWING

出典:Amazon

 BARWINGの評価

コスパ (3.0)
安定性 (5.0)
高さ調節 (5.0)
省スペース (4.0)
総合評価 (5.0)

 BARWINGの商品詳細

価格(amazon) 14,000円
耐荷重 250kg
本体の重さ 29kg
高さ調節 11段階
大きさ 幅72cm×奥行91cm
高さ188cm~233cm

 

BARWINGは、高さを11段階まで細かく調節でき、耐荷重250kg(他社は90kg~150kg)と抜群の安定感を誇る懸垂マシンです。

 

リラックスしてぶら下がれる適度な高さから足のつかないハードな高さまで、細かく調節できます。

高さは、身長だけでなく腕の長さも関係するので、細かく調整しないとしっくりこないんですよね。
こうたーぼ

 

また頑丈な角型フレームにより、ぶら下がった時にグラつきが少なく、安心してトレーニングできるんです。

不安定なマシンは、「壊さないようにしないと‥!」という心理が働くので、思い切りトレーニングできなくなります‥。
こうたーぼ

 

カラーバリュエーションも豊富で、好きな色を選べるのも他社にはない魅力です。

カラフルなものから渋いものまで、ゴツくてカッコいい!モチベーションになりますね!
こうたーぼ

 

実際に購入した人の感想

実際に組み立ててみてフレームの頑丈さ、品質、各部溶接や仕上げ等、驚くばかりです。値段なりの商品ではなく、ここまでコスパの素晴らしい商品は見たことがありません。ねじ穴や、差し込み部分等の組付けも全く問題なく、またよく考えられて制作されていることに驚かされました。国内でこの商品をこの価格で製造販売はまず無理かと思います。土台の角パイプは5cmもあります。商品画像の全体像からは想像できない迫力があります。残念な点は、ワッシャーが1枚足りなかったことと、幅が広めでレッグレイズをする際に肘をまっすぐに支えられないことが残念です。外人向けなのかもしれません。しかし何といっても独特なバー形状のおかげで懸垂時に顎が当たらず、とても快適です。3種類の握りで使用ができ、この懸垂マシーンは他社製品をはるかに上回っていると思います。部屋のオブジェとしても、塗装仕上げがきれいで、購入して大正解でした。素晴らしいの一言です!

引用:Amazonレビュー

ハイクオリティ、かつお洒落なのでオブジェにもなり、部屋の景観を壊すこともありません!
こうたーぼ

 

なんか直角にならない形。
前方に少し斜め。これは組み立ての時の問題かもしれないので調整してみるつもりです。
グリップが多いのがこの商品の長所だと思いますが、ワイドグリップするところは手が痛いので
何かのグローブなどが必要です。

後、パッケージが本当にひどい。段ボールにボルトやワッシャーなどを名前を付けまとめる仕様みたいですが、}それを包むはずだったビニールは全部破けていてボルトなどがちらがって転がっていました。

ボルトなどにアルファベットの名称がついてるので組み立ての時に簡単に当てはまる部品を探せれるようにしたと思いますが、、、パッケージが雑なせいで適切な部品を分別することにまた時間を使ってしまうとは。
一体このビニールはなぜ破けていたのかも不思議。

パッケージには十分に気を付けてください。

引用:Amazonレビュー

組み立てするのが難しいという意見もありました。1人で組み立てるより、複数人で作業すれば効率的に作業が進みそうです!
こうたーぼ

 

堂々の第一位は、BARWINGでした。ぶら下がりだけでなく、マルチトレーニングを用途にする方にはもっともおすすめのマシンです。


 

2位:motions

出典:motions公式サイト

 motionsの評価

コスパ (5.0)
安定性 (4.0)
高さ調節 (4.0)
省スペース (3.5)
総合評価 (4.5)

 motionsの商品詳細

価格(amazon) 9,980円
耐荷重 150kg
本体の重さ 14kg
高さ調節 6段階
大きさ 幅75cm×奥行95cm
高さ184cm~234cm

 

motionsは、コスパ最強の懸垂マシン(ぶら下がり健康器)です。

 

他社に比べて荷耐重は150kgと安定性が高いのにも関わらず、本体重量は14kg。

先ほどのBARWINGは29kgだったので、ほぼ半分の重さです。

女性でも持ち運びできる重さなので、組み立ても苦じゃありません!
こうたーぼ

 

ここで気になるのが、本体が軽いし、安いマシンなら、「安かろう悪かろうなんじゃないの?」という点。

 


出典:motions公式サイト

 

上記のとおりで、motions3ヶ月保証がついています。

万が一、3ヶ月の間に故障や不具合があった場合は、交換してくれるのです。

買ったはいいものの、不良品で泣き寝入り…なんてことはありません!
こうたーぼ

 

実際に購入した人の感想

高さ調節ができるので家族みんなで使っています。ハンガーラックとして使えるの便利です!普段PCやスマホを使っていて肩こりが気になっていましたが毎日ぶら下がってストレッチすることで楽になった気がします。

引用:motions公式サイト

思っていたより省スペースです!部品は重たくないので1人でも簡単に組み立てができました。重量も重たくないので持ち上げての移動も簡単です!

引用:motions公式サイト

なかなかジムに行けないので購入しました。これ1台あればチンニングやディップスなど色々な部位を鍛えられるし、ジムに行く時間も必要ないので重宝しています。

引用:motions公式サイト

軽くて省スペースなので、手軽に家に設置できる懸垂マシンです!
こうたーぼ

 

第2位は、motionsでした。値段は税込み1万円未満で送料無料です。

さらに、壊れた際の3ヶ月保証もついてくるため、失敗したくないけど高いものはちょっと…という方にもっともおすすめです。


 

3位:リーディングエッジ

出典:Amazon

 リーディングエッジの評価

コスパ (4.0)
安定性 (3.5)
高さ調節 (3.0)
省スペース (5.0)
総合評価 (4.0)

 リーディングエッジの商品詳細

価格(amazon) 11,980円
耐荷重 120kg
本体の重さ 26.5kg
高さ調節 3段階
大きさ 幅66cm×奥行85cm
高さ199cm~220cm

 

リーディングエッジ は、スペースを取らない懸垂マシン(ぶら下がり健康器)です。

コンパクトに設計されていて、他社に比べて家のスペースを取らない作りになっています。

家の空間をできるだけ取りたくない方には、リーディングエッジがおすすめ!
こうたーぼ

 

さらにリーディングエッジはトレーニング器具の国内優良メーカーです。

僕はリーディングエッジ社のインクラインベンチを持っています。2年使用していますが、グラつきもなく、バリバリの現役です。

関連
リーディングエッジインクラインベンチのレビュー
【品質高い!】リーディングエッジインクラインベンチをレビュー!徹底比較!

続きを見る

関連記事:【品質高い!】リーディングエッジインクラインベンチをレビュー!徹底比較!

メーカーとしての信頼性は「1番」と言っても過言ではありません!
こうたーぼ

 

 実際に購入した人の感想

【梱包】
梱包がまあまあ雑なので、開梱した段階で、輸送中にダンボールの中でパーツ同士がぶつかり合って出来たであろう擦り傷や塗装の剥離が多数見られました。個人的には性能に影響する部分ではないのでそこまで気になりませんが、嫌な人は嫌かと。

【組み立て】
組み立てには、ひとりで大体2時間かかります。商品説明にもある通り、モンキーレンチやトルクスレンチが2本必須です。私はどちらも手元になかったので、プライヤー2本でやってみたところ、意外なほどうまく行きました。おすすめです。

ただ、たくさんのネジが同梱されている上、見た目がそっくりで長さが5mmしか違わないものが多数あるので、一度定規で測って、長さごとに分類してから作業を始めたほうが効率が良いです。パーツの品質には問題なく、ネジがはまらないほど下穴とズレているとか、バリがひどいとか、そういうこともありませんでした。また、他の類似製品のレビューでよく見られる「砂(鉄粉)がザラザラと出てくる」ようなこともなく、綺麗でした。溶接痕ははっきり言って雑ですが(笑)、強度的には問題ないです。
組み上がった製品は、画像で見るよりはるかに頑丈で、グラつくこともなく安心感があります。見た目もマットなブラック一色で安っぽくなく、価格の割に満足感が高いです。

【マシンとしての長所】
トレーニングマシンとしてのちょっとしたポイントですが、身体を預ける面が、すべて同じ方向で済むところがいいです。物によっては「チンニングは裏側で、ディップスとニーレイズは表側で」というように別れている場合もあるので、部屋での配置を考える際に前後どちらにもスペースを取る必要が出てしまいます。その点、この製品は表側のみで完結するので、スペース効率が良いです。

ワイドスタンスでぶら下がる際や、ディップスやニーリフトの際に握るグリップの部分は、すべて硬い樹脂で覆われています。パイプを握りやすい太さにサイズアップする意味がありますが、他の製品のように発泡ウレタン素材で覆われてはいません(覆われているのはチンニング用バーの中央部分のみ)。
ワイドスタンスでぶら下がる場合、かなりの力がかかる部分なので、発泡ウレタンのチューブだと、鉄パイプ本体からすぐ接着が外れ、クルクル回ってしまうことがよくありますが、この製品ではそういうことが起こり得ないので安心です。(その代わり、トレーニング時には手を傷めないようにグローブを着用した方がいいです)
また、足元にプッシュアップ(腕立て伏せ)用のバーのような余計なものがないので、つま先を引っ掛ける心配がないのもありがたいです。

【総評】
安かったので心配でしたが、総じてよく考えられた製品であり、大満足でした!

引用:Amazonレビュー

細かくレビューされていますが、「安定性の高さ」と「省スペース」を高く評価されていますね!
こうたーぼ

 

部品はすべてそろっていましたが、商品の状態が悪すぎた。
特に酷かったのが、左のフレームの凹みが5,6か所あり、直そうにも直せず人力で何とかしました。
凹んでいるフレームに部品を差し込むのに1時間ほどかかりました。
差し込んだのはいいものの、実際に差し込んでみるとフレームが少し曲がっていた。
フレーム自体が重く、返品はあきらめました。
本当に検品しているのかと思いました。
苛立ちを通り越しあきれてしまいました。

引用:Amazonレビュー

商品によっては、不良品に近いものもあるようです。90日間の保証もついているため、万が一の場合は交換してもらいましょう。
こうたーぼ

 

第3位は、リーディングエッジ でした。トレーニング器具、特にベンチ台のメーカーとして有名であり、信頼性は高いです。

部屋の間取りを気にされる方に、とてもおすすめです!


 

4位:WASAI

出典:Amazon

 WASAIの評価

コスパ (3.0)
安定性 (4.0)
高さ調節 (5.0)
省スペース (3.0)
総合評価 (3.5)

 WASAIの商品詳細

価格(amazon) 13,980円
耐荷重 150kg
本体の重さ 25kg
高さ調節 10段階
大きさ 幅80cm×奥行102cm
高さ180cm~220cm

 

WASAIは、BARWINGの次に高さ調節を細かく設定でき、安定性も高い懸垂マシン(ぶら下がり健康器)です。

 

僕は5年ほど前にWASAIの懸垂マシンを購入しました。今のモデルとは異なりますが...。安定性は高く、まだまだ現役です。

 

このタイプの懸垂マシンは、他社に比べて大きく設計してあり、省スペースに課題があります。

ぶっちゃけ、WASAIよりBARWING方がスペックは優れていて、ほぼ同じ値段なので、個人的にはBARWINGをおすすめします。

 

実際に購入した人の感想

自重トレーニングのために購入しましたが、安定性抜群です。他のメーカのとの最大の違いは、手を離して着地する足元部分に横棒が一切なく、降りるときに絶対的に安全なこと。足元にバーがあると、疲れて降りた際に足首の捻挫などに思わぬ怪我が中年男性にとっては特に心配だが、これは足下を完全に空けているので安心してトレーニングできる。足回りもハの字型で安定感あり55kgの自分程度では運動時のぐらつきはゼロで、dipでもなんでもいける。色は自分のオフィスの壁色に合わせて白にしたので自己主張しすぎずなじんでいる。組み立てはのんびりワクワク小一時間で苦になりませんし、鉄粉がどうこうという記事はあったが当方は全くそのようなゴミ箱気になりませんでした。毎日使って回数が少しずつ増えていくのが嬉しい。スポンジは確かに安っぽい構造だけど、私は懸垂メインなのでさほど気にならずほぼ二ヶ月ですがまだ形状をしっかり保ってます。運動習慣がついて体重も二ヶ月で5キロ減り、イイ買い物しました!

引用:Amazonレビュー

安定感があり、トレーニングしやすいという評価が多かったです!
こうたーぼ

使用して二ヶ月ですが上の棒からギコギコいってます。
また、高さを調整する箇所からずっとガタガタしてて、使うのが不安です。
捨てるにも粗大ごみなので、あまりおすすめしません..

引用:Amazonレビュー

人によっては安定感が少ないという口コミも見受けられました‥。ハードなトレーニングや体重が重い人には、一部グラつきがあるのかもしれません。
こうたーぼ

 

第4位は、WASAIでした。懸垂マシンとしては無難なマシンですが、これといって長所がないところが返って4位という結果になりました。


 

5位:アルインコ

出典:amazon

 アルインコの評価

コスパ (3.5)
安定性 (3.0)
高さ調節 (3.5)
省スペース (3.0)
総合評価 (3.0)

 アルインコの商品詳細

価格(amazon) 12,990円
耐荷重 90kg
本体の重さ 20kg
高さ調節 5段階
大きさ 幅78cm×奥行110cm
高さ202cm~222cm

 

アルインコは、ネット上で広告をバンバン出していたり、ヨドバシカメラなどにも売られていて、知っている方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、他社メーカーに比べると、スペックは非常に微妙です。

このスペックで12,000円台であれば、10,000円弱のmotionsを買う方が満足度は高いはずです。

 

 実際に購入した人の感想

タイムセールだったので、以前から欲しかったチンニングマシーンを買いしました。
写真ではちょっと華奢かな、と思いましたが、実物は結構しっかりしています。それと、アルインコのものなので、説明書の日本語がわかりやすく、また、組み立てもいたって簡単で、かかった時間は30分でした。重量も20kgと他に比べると軽いため、気軽に移動して使用することができます。耐久性はこれからの確認ですが、現時点では大満足です。

引用:amazonレビュー

組み立ては非常に簡単なようです!組み立て作業が苦手な方にはおすすめ!
こうたーぼ

 

ネジを通す穴が一箇所あいていなかったため、ネジを締め付けることが出来ませんでした。テンションがかかる部分なので、使用するのがこわいです。
不良品だというレビューが多いことを考えると、ちゃんと検品しているのか非常に疑問です。アルインコさんは不良品が市場に出回らない様に、もっと努力して欲しいものです。

引用:amazonレビュー

不良品のレビューが非常に多いのは難点ですね‥。
こうたーぼ

 

第5位はアルインコでした。懸垂マシン(ぶら下がり健康器)のスペックは、他社メーカーの方が高いです。


 

懸垂マシン(ぶら下がり健康器)を買う時のよくある質問

 

懸垂マシンを買う時のよくある質問をまとめました。

買う際に気になるところがあれば、読み進めてください。

 

懸垂マシン(ぶら下がり健康器)ってホントに効果あるの?

 

効果は十分にあります。

 

ただし、運動効果を得たい人は、ぶら下がるだけでは効果がありません。ぶら下がるのは、あくまでストレッチです。

懸垂やディップスと呼ばれるトレーニングを行って始めて運動効果を得られるのです!
こうたーぼ

 

僕が実際に懸垂マシンを使って鍛えた感想や、効果的な懸垂のやり方などを説明した記事を書きに貼っておきます。ぜひ、参考にしてください。

関連
懸垂だけで鍛えた体
【驚愕!?】懸垂だけで鍛えた体はどうなる?1つの筋トレで逆三角形は目指せる!

続きを見る

関連記事:【驚愕!?】懸垂だけで鍛えた体はどうなる?1つの筋トレで逆三角形は目指せる!

 

また、ぶら下がり健康器のデメリットを中心に解説した記事も下記に貼っておきますので、デメリットをしっかり知りたい方だけ、参考にどうぞ。

関連
【効果検証】ぶら下がり健康器は意味ない?2年使ったデメリットはこちら

続きを見る

関連記事:【効果検証】ぶら下がり健康器は意味ない?2年使ったデメリットはこちら

 

懸垂する効果が高まる時間帯っていつ?

 

一般的に運動パフォーマンスが高まるのは、『夕方』と言われています。

筋肉博士と呼ばれる山本義徳氏も、YouTubeで下記のように発言されています。

朝トレーニングすると、ダイエットには良いけれども、筋肉は壊れやすい、つきにくいというような可能性があります。筋肉を増やしたいのであれば、ある程度エネルギーがいっぱいある夕方以降の方が良いということも考えられます。

引用:トレーニングに最適な時間帯は朝?夜?【山本義徳 筋トレ大学】

 

朝一するよりも、夕方にする方が、よりトレーニング効果が高まるということです!
こうたーぼ

 

とはいえ、時間帯が限られていて、どうしても夕方にできない人も多いでしょう。

やらないという選択肢はもっとも効果を得られません。

まずは、自分のできる時間帯からトレーニングを始めましょう。

 

どうしても家に懸垂マシンが入りそうにない時はどうしたらいい?

 

場所をほとんど取らない『懸垂バー』をおすすめします。


 

懸垂バーの魅力は、以下の通りです。

  • ドア枠や廊下に設置できるから、場所をとらない
  • 使わない時は、取り外しもできる
  • 高さを自由に調整できて、自分の身長に合わせられる

 

強度は懸垂マシン(ぶら下がり健康器)の方が高いですが、ガッツリトレーニングする予定のない方は、懸垂バーで試してみましょう。

 

組み立てにはどのくらい時間がかかるの?

 

メーカーによりますが、1時間~2時間はかかります。

梱包されている数多くのフレームやねじを組み立てるため、1人でやると長丁場になってしまうことも。

説明書に書かれている通りに進めるだけなので、1人で組み立てること自体は問題ありません!
こうたーぼ

 

僕の場合も、1人で行ったため、組み立てに約1時間かかりました。

組み立てを始める際は、部品を床に並べるため、十分なスペースを確保し、床にマットを敷くと、スムーズに作業ができます。

ご家族の方や友人と作業すれば、効率化できるため、協力して組み立てることをおすすめします。

 

不要になった時はどうやって捨てればいいの?

 

懸垂マシンを解体して、粗大ゴミ処分収集を依頼する必要があります。

 

具体的な手順は以下のとおりです。

  1. 各自治体の粗大ゴミ受付センターに問いあわせて、粗大ゴミ収集の依頼をする。
  2. 粗大ゴミ処理券取扱店で料金分の粗大ゴミ処分費用を購入し、マシンに貼り付ける。
  3. 粗大ゴミの収集日時までに、指定した場所へマシンを出しておく。

 

捨て方を知っていれば、なんだか安心ですね!
こうたーぼ

 

まとめ:懸垂マシン(ぶらさがり健康器)おすすめランキングを徹底解説!

 

今回は、懸垂マシン(ぶら下がり健康器)をランキング形式で徹底比較しました。

 

商品メーカー 総合評価  コスパ 安定性 高さ調節 省スペース
BARWING (5.0) (3.0) (5.0) (5.0) (4.0)
motions (4.5) (5.0) (4.0) (4.0) (3.5)
リーディングエッジ (4.0) (4.0) (3.5) (3.0) (5.0)
WASAI (3.5) (3.0) (4.0) (5.0) (3.0)
アルインコ (3.0) (3.5) (3.0) (3.5) (3.0)

 

Amazonで調べると、懸垂マシンは色んなメーカーが販売していて、パッと見ではよく分からないですよね。

本記事を参考に、ぜひ自分に合った懸垂マシンを探してみてください。

 

最後に僕のおすすめを再度ご紹介します。

 

迷ったらこれ!

買って損したくない人は…

BARWINGがおすすめ!

本格的に筋トレしたい方向け!安定感バツグンで、マシン自体の大きさも他社に比べて小さい!

安さ重視だけど品質を下げたくない人は…

motions がおすすめ!

もっとも値段が安く、公式サイトで買うと送料無料!3ヶ月間で不具合や故障があったら交換してもらえる!

 

今回は以上となります。

  • この記事を書いた人

こうたーぼ

筋トレ歴3年。3ヶ月で11kgの減量に成功。体脂肪率1桁達成。●筋トレ・読書が好きです●最近ブログに目覚めました●子育て格闘中です。奥さんに頼ってばかりで猛省の毎日。

-筋トレノウハウ