筋トレノウハウ

【簡単】ジムに行きたくないときの対処法5選【休むのも大切です】

悩んでいる人
ジムに行かないといけないのは分かってるけど、どうしても行く気になれない、めんどくさい。サボるのも罪悪感があるし、ジムに行きたくない日は、どう対処すればいいの?

 

こんな悩みを解決します。

 

 本記事の内容

・ジムに行きたくないときの対処法5選

・どうしても気分がのらなければ、迷わず休みましょう

・休んでいる間にできること3つ

 

 この記事を書いた人

こうたーぼ
筋トレ&ジム歴3年目のサラリーマンです。サボってしまったことももちろんありますが、雨の日も風の日も、仕事で怒られて落ち込んだ日も、なんとかジムに通い続けています。

 

普段、頑張ってトレーニングしている人でも、どうしてもジムに行きたくないときってありますよね。

 

やる気がどうしても起きない日、仕事で疲れて行くのがめんどくさいなど、人それぞれその日のコンディションで、ジムを休みたいと思ってしまいます。

 

僕は、ジムにどうしても行きたくないときや、仕事で疲れたときを乗り越えて、トレーニングを続けてきました。たくさん試行錯誤してきた結果、自分なりの対処法を見つけました。

 

それではさっそく見ていきましょう。

 

 

ジムに行きたくないときの対処法5選

 

 

どうしてもジムに行きたくないときの対処法は下記の5つ。

 

  1. カフェインをとる

     

  2. 筋トレ動画を見る

     

  3. 自分がジムに行っている理由を考えてみる

     

  4. 決まった時間にジムに行く

     

  5. 何も考えずにジムウェアに着替えてみる

 

1つずつ説明していきますね。

 

コーヒーを飲む

 

どうしてもやる気が起きず、ぼーっとするときや眠たいときは、コーヒーを飲んでみましょう。

コーヒーには大きく3つの効果があります。

  1. やる気や幸福感をもたらす
  2. 眠気をおさえて、集中力を高める
  3. 疲労感の解消

こんな感じ。

どうしても気分がのらないときにぴったりの効果ですね。

 

さらにさらに、コーヒーに含まれるカフェインはトレーニングのパフォーマンスを向上させるということが研究論文で明らかになってます。

▼参考論文

IOC consensus statement: dietary supplements and the high-performance athlete

 

注意点としては、適量を心がけましょう。

あまり大量に飲んでしまうと、体調が悪くなってしまいます。

 

なんでも、「適量」が大切ですね!
こうたーぼ

 

僕は、どうしてもやる気が出ず、ジムに行きたくない日は、コーヒーを1杯飲むようにしています。頭が冴えて、ジムへのやる気がでてくるのでおすすめです。

 

 

 

筋トレ動画を見る

 

YouTubeにはありとあらゆるトレーニング動画がアップされてます。

僕は何気なく、筋トレ動画を暇つぶしに見てると、なんだかジムに行きたくなってしまうんですよね。

 

めちゃめちゃかっこいい身体をした人が筋トレをしている動画を見ると、

自分もこんなかっこいい身体になりたい!自分も頑張ろう!と思えます。

 

筋トレYouTuberの動画を見れば、モチベーションにもつながりますし、トレーニングのフォームの勉強にもなります。

 

おすすめ男性筋トレYouTuberは、

  • Kanekin Fitness・・おしゃれな動画作りでカネキンさん自身がかっこいい
  • Jin・・圧倒的な筋肉量、フォーム解説の分かりやすさがピカイチ

 

おすすめ女性筋トレYouTuberは、

  • Maiko Tanoue・・筋肉質な身体と顔のギャップがすごい、初心者向けの分かりやすい解説
  • Reiko McNish Sato・・ファッションモデルでめちゃきれい、とにかくおしゃれな動画

 

上記YouTuberの動画は、見るだけでトレーニングのモチベーションなります。

ぜひ、試しに見てみてください。

 

 

自分がジムに入会した理由を考えてみる

 

やる気がでないときは、どうして自分がジムに入会したのか理由を考えてみることをおすすめします。

 

例えば、僕だったら、引き締まったかっこいい身体になりたい!ヒョロガリ体型で他人になめられたくない!といった感じです。

 

ジムっておそらく自分の意志で入会した人がほとんどだと思います。その当初は、わりとやる気に満ち溢れてたはずです。

 

自分がジムに入会した理由を考えることで、入会した当時のやる気を呼び起こすイメージです。

 

ジムに入会した理由を考える際は、

  • 紙に書きだす
  • スマホのメモ機能に打ち込む

上記をおすすめします。

 

そして、やる気がでないときは、その書いたメモを読んでみましょう。

 

それが、自分だけのモチベーションアップのメモになります。

 

 

決まった曜日と時間にジムに行く

 

僕は、わりと決まった時間にジムに行っています。

土日は、10時から11時の間。

平日にジムに行く場合は、仕事終わりの20時から。

 

決まった時間に行動することは、習慣化しやすくなります。

 

みなさんご存知、野球界のレジェンド「イチロー」は、毎日決まった時間に同じ行動をすることで有名です。すべての行動を「マニュアル化」することで、モチベーションに左右されない動きができ、数々の実績を残しています。

 

さすがにイチローみたいに超ストイックに、決まった行動をとるのは難しいですよね。あくまで、一例です。

 

まずは、週ごとに会社帰りにジムに通う日を決めたり、土日のどちらかは時間を決めてジムに行くことを決めたり、

できる範囲で、ジムに行く曜日と時間を決めてみましょう。

 

 

何も考えずに、ジムウェアに着替えてみる

 

これはもう、最終手段です。

ジムに行きたくないけど、今日はさすがにジムに行かないといけない、最近サボりすぎて身体がだらしなくなってきた・・。

なんて時は、何も考えずにジムウェアに着替えてみましょう。

 

ジムに行くと決めた日は、必ずジムウェアに着替えますよね。その「着替える」という同じ行動をとることで、ジムに行こうと決心した気持ちを思い出すことができます。

 

強制的に気持ちを切り替える感じです!ジムに行くスイッチをオンにするイメージ!
こうたーぼ

 

 

どうしてもジムに行きたくないときは、休みましょう

 

 

上記対処法を試してみたり、対処法をする気にもなれないときは、休みましょう。

 

ぶっちゃけ、休むことに罪悪感を感じる必要はまったくありません。

 

休むことが大切な理由は、

  1. オーバーワーク(筋トレのやりすぎで慢性疲労の状態になること)を防ぐ
  2. トレーニングがしたいという意欲が湧く
  3. 時間を有意義に使える

こんな感じ。

トレーニングしなくても良いことづくしなわけです。

 

でも、休むことで筋肉がどんどん落ちてしまう気がする、今までのトレーニングがすべて無駄になってしまう・・。と思われる方も多いですよね。

 

そこについては、まったく心配ありません。

筋肉にはマッスルメモリーという機能がついているからです。

 

マッスルメモリーとは

直訳すると、筋肉の記憶。身体は1度筋肉がつくと、長い間トレーニングを休んで筋肉が減ったとしても、比較的はやく元以上に復活する機能のこと。

 

イギリスの大学の研究により「7週間筋トレを休んで、再度7週間トレーニングをすると、元以上の筋肉がついた」という研究論文も発表されています。

>>【悲報】筋トレをサボるとむしろ筋肉量は増える【ダイエットは×】

 

筋トレは、継続できてなんぼです。

 

無理してジムに行こうとしてトレーニングが嫌いになるより、休んでしまった方がわりと長く続けることができます。

 

だから、どうしてもやる気が出ないときは休んでも問題ありません。

 

 

ジムに行きたくなくて休んでる間にできること3つ

 

 

ここまで、休んでもOKということを話してきました。

とはいえ、ジムに行きたくなくて、ずーっとジムを休んでいては、なんの進歩もありません。

休んでいる間にできることをして、次回のジムへのモチベーションを上げたり、ジムで充実したトレーニングをするために備えましょう。

 

何もせずに休むだけだったら、ほんとに無駄になるだけです。損します。

 

休んでいる間にできることは以下のとおり。

  1. ジムに持っていくものを揃える
  2. ジムの飲み物をトレーニングに効果的なものに変える
  3. ジムではなく、家でトレーニングすることを考えてみる

 

1つずつ説明していきますね。

 

ジムに持っていくものを揃える

 

ジムのトレーニングを充実させるためには、ジムに必要な持ち物を揃えることが大切です。

そしてそのジムの充実感が、トレーニングのモチベーションになります。

 

僕は、ジムに通いだして2、3ヶ月のころは、ジムのモチベーションを維持できてませんでした。そこから、おしゃれなジムウェアを買ってみたり、ワークアウト用音楽をワイヤレスイヤホンで聴くようになって、ジムが楽しくなりました。

 

持ち物が足りなくて、ジムの充実度が低い人は、休んでいる間に買いそろえてみることをおすすめします。

>>ジムに必要な持ち物12選【準備はカッコいい体への第一歩です】

 

 

ジムの飲み物をトレーニングに効果的なものに変える

 

トレーニングをして身体が変化することは、ジムのモチベーションを爆上がりさせてくれます。

 

ジムの飲み物に水やスポーツドリンクを選んでしまってませんか?

ぶっちゃけ、水はもちろん、スポーツドリンクもトレーニングへの効果はほとんどありません。

 

水やスポーツドリンクを飲んでいる方は、休んでいる間にトレーニング効果の高い飲み物に変えてみましょう。

 

僕はトレーニング効果の高い飲み物を選んでジムに通って、3か月間で筋肉を残したまま11kgダイエットすることができました。

 

モチベーションアップのために、飲み物を変えてみることをおすすめします。

>>【効果抜群!】ジムのトレーニング中におすすめな飲み物は?厳選1つ!

 

 

ジムではなく、自宅でトレーニングすることを考えてみる

 

どうしても家からジムが遠かったり、行ける時間にいつもジムが混んでいる場合は、ジムではなく、家でトレーニングすることもアリです。

 

家でトレーニングできるメリット

  • 自分で好きなようにトレーニングできる
  • 人目を気にしなくてよい
  • セット間のインターバル取り放題、などなど

こんな感じ。

ジムが合ってない人は、家でのトレーニングを考えてみることをおすすめします。

 

僕は、可変式ダンベルとインクラインベンチを持っています。この2つの器具だけで、ジム並みの負荷でトレーニングすることができてます。ジムに行くのがめんどうな日は家で、それ以外の日はジムで、というように使い分けてます。

 

僕は、家とジムの両方でトレーニングをしてますけど、家だけのトレーニングで十分身体を追い込めます。

 

とはいえ、家でトレーニングをするにしても、自重トレーニングでは、筋肉をつけたり、ダイエットするには限界があります。

 

身体を最短で変えたい、効果的にトレーニングをしたいという方は、ダンベルを用意してトレーニングメニューを絞ることが大切です。

≫【体が激変!】これだけで効果倍増のダンベル筋トレメニューと器具を公開!

 

 

まとめ:ジムに行きたくないときの対処法を徹底解説!

 

今回は、ジムに行きたくないときの対処法をテーマに解説してきました。

もう1度内容をまとめておきます。

 

 ジムに行きたくないときの対処法5選

  1. カフェインをとる

     

  2. 筋トレ動画を見る

     

  3. 自分がジムに行っている理由を考えてみる

     

  4. 決まった時間にジムに行く

     

  5. 何も考えずにジムウェアに着替えてみる

 

休んでいる間にできること3つ

  1. ジムに持っていくものを揃える
  2. ジムの飲み物をトレーニングに効果的なものに変える
  3. ジムではなく、家でトレーニングすることを考えてみる

 

ジムに行きたくないときは、誰でも経験するものです。

ジムを続けることが出来なくて、途中で挫折してしまった人は、ジムに行きたくないときに何もせずにそのままズルズルとサボって、解約してしまうという流れがほとんどです。

 

続けるためには、休むことも大切ですが、休んでいる間にトレーニングを見直したり、ジムの充実度を上げる工夫をしましょう。

 

無理せず、自分のペースで、ジムを続けていくために工夫しながら、ジムにいきたくない自分を克服しましょう!

 

今回は以上となります。

 

  • この記事を書いた人

こうたーぼ

筋トレ歴3年。3ヶ月で11kgの減量に成功。体脂肪率1桁達成。●筋トレ・読書が好きです●最近ブログに目覚めました●子育て格闘中です。奥さんに頼ってばかりで猛省の毎日。

-筋トレノウハウ